川崎市多摩区登戸の内科・リハビリテーション科・往診・在宅医療

診療案内
診療案内

診療時間

 
午前
午後
夜間

 予約制となっておりますので、ご来院前にお問い合わせください。
〇 7:00~12:00
 13:00~15:00
● 19:00~22:00

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

診療科目

内科・リハビリテーション科
在宅医療

診療内容

当院では、以下の診療を行っております。お気軽にご相談ください。

内科一般

  • かぜ症状(発熱、鼻水、咳、痰、倦怠感)
  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症、痛風、肥満)
  • おなかの症状(便秘、下痢)
  • 呼吸器の症状(喘息、花粉症、蕁麻疹などのアレルギー性疾患)
  • 心臓の症状(動悸、息切れ、むくみ)

リハビリテーション科

  • 外傷(骨折や打撲、捻挫、靱帯損傷など)
  • スポーツでの外傷(捻挫、脱臼、突き指、肉離れ、骨折など)
  • 脳梗塞の後遺症(麻痺、しびれ、嚥下障害、言語障害など)
  • 腰の痛みやしびれ(腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など)
  • 膝の痛み(変形性関節症など)
  • 骨粗鬆症
  • 訪問リハビリテーションの導入
  • リハビリテーションの指導(歩行、飲み込み、筋力アップなど)

リハビリテーション科について

リハビリという言葉は“re”=「再び」と“habilis”=「適応」に由来します。
脳卒中や怪我、あるいは加齢などにより、それまでと同じ生活をすることが難しくなった患者さまに、少しでも「生活の質=(Quality Of Life)」の高い、その人らしい生活を送ってもらえるようお手伝いをするのがリハビリテーション科です。
リハビリというと運動のイメージが強いですが、嚥下訓練や装具(義手や義足など)の作製、家屋等の環境調整などその内容は非常に多岐に渡ります。
近年、生活期リハビリテーションと呼ばれる在宅生活に戻った後のリハビリに期待が高まっています。
全人的な関わりを通じて、リハビリという手段と患者さまやご家族の幸せを結びつけることがリハビリテーション科の最大の使命だと考えております。

リハビリテーション科について

その他

  • 皮膚のトラブル(湿疹、かゆみ、発赤など)
  • 目のトラブル(かゆみ、かすみ、赤みなど)
  • 眠れない
  • 軽度の認知症と診断された
  • 健康診断後のフォロー(健康診断のデータをお持ちください)

上記以外の症状でも、ご心配なことがありましたら、先ずはご相談ください。

当院の特色

病気かな?何か調子が悪いぞ?
そんなときは、迷わずご相談ください。
あまり多くの検査はできませんが、気軽に立ち寄れる、身近なお医者さんを目指して参ります。

当院の特色

初診の方へ

  1. 保険証を窓口へ提出してください。
    (紹介状をお持ちの方は、一緒にご提出ください)
  2. 問診票をお渡ししますので、お困りの事など、必要事項をご記入ください。
初診の方へ

健康相談

職場や地域の健康診断などで異常を指摘された方は、医療保険での対応が可能となります。
放置しても、検査しても、今の状態は変わりません。
しかし、早期に対応(予防)することで、悪化を防げることは沢山あります。「怖い」「面倒くさい」と思わず、今の自分を知り、将来の健康不安を解消する意味でも、検査結果を持参のうえ、お気軽にご来院ください。

健康相談

在宅医療

在宅医療とは、病院や診療所に患者さんが行くのではなく、医師が患者さんの元へ赴き、診療を行う医療のことです。
「患者さんひとりでは通院できない方」を対象としており、「入院」「外来」に次ぐ「第3の医療」と言われています。
定期的な訪問診療により、薬の処方や健康状態のチェックを行うほか、必要に応じて血液検査や傷の処置、関節への注射や点滴など行う場合もあります。

また、24時間つながる医師とのホットラインも提供できるため、ご自宅や介護施設で、より安心できる療養生活が送れるよう、支援して参ります。

在宅医療

在宅医療のご利用について

  1. まずはお電話にてご連絡ください。
    ご連絡はご本人、ご家族、ケアマネジャーさんなど、どなたからでも結構です。
  2. ご都合を確認し、医師が訪問いたします。
    訪問前に患者さまご本人やご家族が来院する必要はございません。
  3. 交通費、出張費などは頂きません。

※「ひとりで病院へ通えない方」が対象となります。
受診への付き添いが大変、移動手段に困ってるなどのご相談や、在宅医療に関する疑問や質問だけでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

オンライン診療(遠隔診療)

オンライン診療(遠隔診療)とは、医療機関へ赴くことなく、インターネット回線を通して診療を行う、新しい医療です。

対象者

  • 初診から6ヶ月を経過している方
  • 慢性疾患を抱えている方
  • 3ヶ月に1回は通院できる方 など

最初の診察(初診)はオンライン診療ができません。診察を重ね、対象となった方にはご提案をさせて頂きます。

オンライン診療(遠隔診療)

プライマリ・ケアとは

「プライマリ・ケア」という言葉をご存知ですか?
「プライマリ・ケア」=「かかりつけ医、あるいは町医者が行う医療」と言うとイメージしやすいでしょうか。
もう少しわかりやすく言うと「身近にいて、何でも気さくに診てくれ、様々な健康問題について、真っ先に相談できる医師による医療」のことです。

つまり、プライマリ・ケアは、風邪を引いた、膝が痛い、よく眠れない、がんの末期だが自宅で最期を迎えたいなど、患者さまの様々な訴えに応えながら、患者さまを一人の人間として総合的に診療する医療のことです。
緊急の事態が起こったり、専門的な医療が必要になった際には、最適な専門医に紹介します。
最近では、プライマリ・ケア医がいると長生きできるといった論文も発表されており、非常に注目の集まっている医療です。

プライマリ・ケアとは